今日のレッスンにいらっしゃったのは高校生の女の子。
とてもお勉強のできる優秀な子なので、
先生からは「英検3級なんかいいから2級を受けなさい」って言われているらしいです。
ただご本人は「ヒアリングに自信がなくて…」まだ受けていないのだそうで。

それなら英語の歌を練習して、発音の特徴を掴んでみようか?
自分が発音できるようになれば、聞き取りやすくなると思うよー、
ということで今日のレッスンで取り上げたのは、
カーペンターズの「遥かなる影」でした。

前半のゆっくりな部分はなんとかいけるけど、
後半はとても言葉が密に詰まっていてなかなか発音し辛そうです。

文章問題や文法、スペルなどは得意なのに、
どうしても発音がうまくいかない人はたくさんいます。

日本語にない発音(vとかthとかrとか…)は、
鏡を見ながら、形(唇を噛むとか、舌を噛むとかね)を真似して、
何度も練習しないとスムーズに口が動いてくれません。
早口言葉と同じですね。

また、リエゾン(次の言葉の最初が母音の時に、直前の子音とくっついちゃうこと。「一個のリンゴ」は「アン アップル」じゃなくて「アナポー」みたいになりますね)についても意識しないと、音楽に言葉が乗っていきません。

そして何より英語っぽく歌うために一番大事なのが「発声」です。
どんなに上手に「Let it go〜」を「レリゴー」と発音できても、
発声そのものが日本語風の声の出し方では、ちっとも英語っぽくなりません。

この「発声」を文章で説明するのはとっても難しいのですが、
試しに、
「こんにちは」「ありがとう」などの言葉を、
英語圏のネイティブが話したらどうなるか、真似してしゃべってみてください。
なんだかくぐもったような、喉の奥でしゃべるような感じがしませんか?

日本語は、どちらかと言えば、
響きが前の方に出る言語なんですね。
この違い、伝わってるかなぁ?

このような発声、そして日本語にない発音を身につけるためには、
それらの特徴をしっかり分析した上で練習しないと、
何百回練習してもなかなか上手にはなりません。

もうひとつ、大切なことは、
「恥ずかしい」と思う気持ちを、ちょっと横に置いておくことです。
ガイジンさんみたいにしゃべるの、恥ずかしい!抵抗あるー!
という人はとても多くて、なかなか先へ進めない大きな壁になっていることもあります。

ボーカルの先生をやっている人の中にも、
「どうすれば生徒さんに伝わるのかな?」と悩んでいる人もいるかもしれません。
自分が無意識に行っていることを、掘り下げて分析してみてください。

他にもとりあげて欲しいテーマなどありましたらコメントしてくださいね。

 

Share this...
Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。